安全を考えるなら業者に

女性

業者の使い分けを

会社で不要になった機密文書を処理する方法としてはシュレッダーを使うこともありますが、より安全に処理するためには專門の業者に依頼するという方法もあります。特に個人情報を扱う会社の場合には情報漏洩を防ぐためにも機密文書は出来るだけ安全に処理する必要があります。そんな機密文書の処理を行う業者の選び方として、セキュリティ面を重視したいのであれば専門業者であるだけではなく自社工場を持っているかどうかも大切なポイントです。専門業者の全てが預かった機密文書をその場で処理するのではなく、業者によっては他の業者に委託して処理を行う場合もあるのです。複数の業者が関わるということはそれだけ情報漏洩のリスクが高まるということでもあるため、自社で処理を行う工場を持っている業者がセキュリティ面では信頼出来ると言えるのです。また、ISOマークがあるかどうかというのも信頼出来る業者であるかの基準となります。国際規格でもあるため、それだけ取得している業者は少なくなってしまいますが信頼度もそれだけ高くなっています。また、機密文書を処理したいけれど費用を安く済ませたいという場合には古紙回収業者などを利用するという方法もあります。古紙回収業者の中には機密文書の処理を請け負っている業者も存在するのです。ただ、こういった業者は専門業者と比べると費用は安くなるもののセキュリティ面では劣ることもあるので専門業者との使い分けが必要です。