重要書類は慎重に捨てる

システム

業者依頼の良いところ

会社には社外秘で外部の人間には見られてはいけない、重要な機密文書や書類があります。機密文書の重要レベルは様々ですが、重要度が高い文書等についてはセキュリティー上の問題もある為に、社内で処理されている場合が多いです。この場合は、処理にかかるコストと手間が問題となります。しかし、経費削減を考えて外部の業者へ処理依頼される企業も増えており、機密文書処理業務を専門に扱う業者や大手企業も参入してきています。なので、信頼できる企業を探しやすいので活用してみてはどうでしょうか。業者へ委託する具体的なメリットの一つとして、ファイルに閉じたままやホッチキスで閉じたままでも箱に入れて処理できます。電話やメールで依頼できる企業も多いので、大量の書類を迅速に処理してもらう事が可能です。二つ目のメリットは、専用の鍵付きのトラック等でそのまま製紙工場等へ運ばれて溶解処理するプランもありますので、セキュリティーレベルはかなり高いです。業者によってはトラックに複数の記録カメラが取り付けられており、ドライバーも監視して万全を期している業者もあります。三つ目のメリットは、セキュリティーレベルを下げたプランを用意している業者もあるので、機密文書の重要度によってコストを低く抑える事ができます。業者を選ぶ注意点として、信頼できるかどうかが鍵になりますが、信頼できる会社でプランも最上級となるとコストも高くなるので、機密文書の内容によって依頼する業者を選択する必要性があります。