システム

重要書類は慎重に捨てる

会社には重要な機密文書が存在します。社内で処理されるケースも多いですが、コスト等を考えて外部の業者へ処理依頼する事が増えています。専門業者もいるので迅速に処理可能でセキュリティーも安心できます。しかし、機密文書の内容によって選択する業者やプランを選択する必要性があります。

詳しく見る

女性

安全を考えるなら業者に

会社の機密文書を安全に処理したいという場合には專門の業者に依頼する方法があります。専門業者の中でも自社工場を持っている業者であれば、それだけ処理も早く信頼出来ると言えます。また、費用を安くしたいなら古紙回収業者なども機密文書の処理を行ってくれる場合もあります。

詳しく見る

システム

文書廃棄の一番楽な方法

企業が毎年廃棄する文書は、膨大な量になることがあります。保管の期日が過ぎた書類は廃棄に回されるためです。その廃棄処理については、専門業者に委託することがお勧めです。業者に対しては、機密文書も含めて、書類を一纏めにしておくだけで処理委託ができます。排出する文書の管理もプロに任せれば万全です。

詳しく見る

男性

社外秘文書の処分方法

会社には機密文書がありますが、社内で処理するより専門業者へ委託した方がコストを抑える事ができます。セキュリティーレベルで処理費用は少し異なりますが、金属やプラスチック部はリサイクルしてくれる業者もあるので、環境面での評価も期待できるのです。

詳しく見る

男性

情報の抹消は業者へ依頼

最近は自社の機密文書の処理を業者に依頼する企業が増えています。専門業者は、溶解処理によって確実に情報を抹消してくれるので、大変安心です。また、自分の手で処理する手間も省くことができます。機密情報の扱いに困っている経営者の方にお勧めです。

詳しく見る

文書廃棄の変化

PC操作

安全な廃棄法

一昔前、会社の文書廃棄に欠かせない存在が焼却炉でした。不要になった古い機密文書も、灰にしてしまえば情報流出の心配はありませんでした。その他、営業ごみとされる物も燃やせるので、多くの会社が焼却炉を設置していました。しかし、焼却炉は、ダイオキシンが発生するなどの理由から使われることはなくなりました。その焼却炉に代わって機密文書の処理を行うようになったのが、溶解処理の存在です。溶解処理は、特殊な液体に浸けて文書を判読不能とするやり方です。このサービスは機密文書処理の専門業者が請け負っています。このサービスの利点は、文書をそのままの形で受け渡せることです。会社で保管している文書は、殆どがホチキス止めされていたり、プラスチック製のファイルに閉じられています。そのような文書もそのまま廃棄処理に回せるのが、このサービスの利点です。ラミネート加工してある文書以外は、すべて引き取ってもらえることです。引き取られた機密文書の類は、その場で専用箱に封印されて、翌日には溶解処理が施されます。このスピーディーな仕事は、多くの企業から支持されています。社外に出た文書が、時間を置かずに判読不能になるので、最も安全な処理法とされています。特に人気の高い処理業者は、溶解処理後に証明書を発行してくれます。この証明書があることで、環境を汚さない文書廃棄を実施していることをアピールできます。焼却炉の時代から見ると、大きな変化と言えます。